自社工場 自社施工で設計・施工からメンテナンスまで、一貫した高品質のサービスをご提供いたします。

営業時間:平日9:00〜18:00055-236-5328

屋根葺き替え工事

トップ屋根専門店 > 屋根葺き替え工事

既存の屋根を解体そして、撤去し、新しい屋根に交換する。(葺き替え施工)

古い屋根を解体、そして撤去して、違うタイプの屋根に交換する(葺き替える)工事のことを言います。屋根材をすべて撤去しますのでその下にあります「防水紙」「野地板」と言ったお手入れができますので、徹底的な補修と完全なメンテナンスが可能となります。最近は「耐震対策」として軽量化された屋根に交換する。というお客様も多いです。瓦屋根へのこだわりや高寿命な屋根材への交換の希望等、様々な事情やお考えで、こうした屋根の交換(葺き替え)工事を行う例もございます。
また言うまでもなく、新築工事、そして増築工事にも同じく、屋根工事としてこの技術を使い、工事を行っていきます。

施工前

施工後 

屋根葺き替えについての説明及びご提案

瓦屋根の重さと地震との関係性

地震大国日本

昨今地震がとても多くなっております。日本列島も活動期に入ったと一部の専門家も仮説しております。家屋倒壊の危険性は、家屋の重心の位置にも大きく左右されます。

屋根の重さが危険です。

屋根が重い=重心が高い。その結果、不安定さが増大する。つまり、大きく家屋が揺れてしまうのです。

屋根の重さは『6トン』

一般的な家屋(100㎡、30坪の例)瓦屋根の場合、なんとその重さは『6トン』にも達すると言われております。つまり、普通自動車(ホンダフィット)で換算すると、およそ6台分の重さが常にかかっている計算となります。

金属屋根ならば『0.6トン』まで抑えられる。

では、金属屋根ならなどうでしょうか。先ほどと同じ例、一般的な家屋(100㎡、30坪の例)で例えると、その重さは、10分の1程度に抑えられます。つまり、金属屋根ならば『0.6トン』まで減少できます。 そうなると、普通自動車(ホンダフィット)ではなく、軽自動車1台分ほどの重量となり、重心の位置も10分の1抑えられ、大きく減少できます。

重さの数倍以上の力が加わる

実際地震が起きたことを想像してみましょう。記憶に新しい熊本震災の時も、大きな横揺れが発生しました。テレビでも放映されましたが、瓦屋根の家が全壊または半壊の状態に遭う映像が多く見受けられました。 実際の揺れは、高く重い建物ほど遠心力は大きくなります。その揺れは倍以上とも言われております。もし、屋根が軽量化されていれば、同じ遠心力がかかったとしてもそのエネルギーはおのずと小さくなります。つまり倒壊や半壊の確率が下がるわけです。

地震だけではなく強風や突風にも強い。

昨今、地球温暖化のせいか、異常気象になっていると感じませんか?今までなかったようなハリケーン風の強風や突風のニュースなどもよく見ます。 主流の金属屋根では、瓦屋根ではないので、突風で飛ばされる心配もありません。

雨の音が気になるし夏は暑いのでは?

昔は「金属屋根だと雨音が大きくて気になる」「夏、熱伝導の関係で暑い」なんてことも言われましたが、現在のものは消音性がとてもよくなりました。実際気になりません。「夏、暑いのではないか?」なんてことも言われますが、最近のものは遮熱性や断熱性が向上しております。また金属屋根以外にも、従来の瓦屋根のデメリットを打ち消した、新素材の瓦屋根もありますので、ご相談ください。

瓦屋根にこだわりたいならば、 新素材の瓦がおすすめ。
「軽くて割れない強い瓦」です。

金属屋根が普及しているとはいえ、やはり「瓦デザイン」が良いという方は多くおられます。現在の瓦は耐久性、断熱性が向上し、高級感を維持しつつも軽量化が施されております。質感は全くと言っていいほど変わらずも、軽くて丈夫、しかも重量は半分というハイブリットタイプの瓦もございます。お客様のニーズに合わせて、適する提案をさせていただきますので是非ご相談ください。

建物の重量を軽くする。

地震時の建物の揺れは、建物の重さに比例して増大するため、屋根が軽い建物は屋根が重い建物に比べ、建物にかかる地震の力を小さくすることが出来ます。

建物の重心を低くする。

屋根が軽くなると建物の重心が低くなり地震の時、建物への負担が少なくなり、揺れ幅を小さくする事が出来ます。

工事の流れ

01:瓦撤去

瓦屋根から金属屋根 「定尺板横葺き」 に葺替えます。

まずは既存の瓦を撤去します(写真)。 取り外した瓦等は廃棄物運搬車で処分場に運び、分別処理します。 瓦のように重量のあるものは、地震の時に倒壊を招くだけでなく、そのものが滑り落ち、事故につながります。

02:防水紙の撤去

これまでの防水紙を撤去します。

瓦の下には防水紙が敷いてあります。それらを全て撤去します。長年蓄積された埃やゴミの他に、瓦設置に使用された土などが出てきますので、清掃しながら防水紙を取り外していきます。

03:野地板の増し張り

屋根の下を強くするため、野地板を張ります。

屋根の強度を上げるために、既存の野地板の上に新しい野地板を増し張りします。固定用の釘やビスは垂木(たるき)といわれる屋根の骨組みに留めていきます。

04.ルーフィング工事

新しい防水紙を野地板に敷設します。

野地板の上に防水紙を敷き詰めていきます。手順としては軒先から棟に向かって敷いていきます。この様な手順て行うことで、仮に雨が仕上鋼板の下に入り込んでも屋内には浸入しないのです。

05.屋根材の設置

金属屋根を葺きます。

この屋根材はカラーガルバリウム鋼板からできています。 カラーラインナップも濃色から淡色へ揃っています。特に淡色は防汚性(雨だれ汚れ軽減機能)を標準装備しています。
軽くて腐食に強い上、裏側に断熱材(オプション)を貼ることにより、高い断熱性能を発揮します。
雪止金具を順次取付けます。

06.降り棟と棟包みの取付け

降り棟と棟包みを取り付けます。

降り棟(差し棟)を段状に取付けます。 最後に棟包みを取付ければ、完了です。

07.屋根葺き替え完了

瓦屋根から金属屋根 「定尺板横葺き」 に葺替え完了です。

比較的新しい建物部分をそのまま残し、老朽化した箇所を葺替えた事例です。
雨漏れ防止対策もさることながら、屋根は格段に軽量化され、大きな地震対策になりました。

屋根葺き替えの施工実績をご紹介

2015.11.25 山梨県南アルプス市 FC様邸庇屋根葺替え工事

屋根修繕(葺替え) ポリカ波板葺き     : 既存のスレート小波屋根が老朽破損しましたので、強度のあるポリカーボネード製の材料で葺替えました。 軒樋・たて樋も取替え きれいになりました。 庇屋根を脚立足場で作業しましたので、予算を抑えることが出来ました。

カテゴリ: 屋根葺き替え工事

2015.07.01 山梨県南アルプス市 FB倉庫屋根修繕工事

屋根修繕(軒先部の葺替え) 瓦 ⇒ 金属板横葺き     :   経年劣化で駄目になった軒先かわらを撤去し、金属板で葺替えました。  

カテゴリ: 屋根葺き替え工事

一覧を見る

屋根専門店


甲府商工会議所 法人会員


KMEW ROOGAショップ登録店


ニチハ 外装材工事店