自社工場 自社施工で設計・施工からメンテナンスまで、一貫した高品質のサービスをご提供いたします。

営業時間:平日9:00〜18:00055-236-5328

カバールーフ工事

トップ屋根専門店 > カバールーフ工事

現在の屋根の上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法

現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。 よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。また、2004年以前に作られたスレート系屋根材にはアスベストが含まれております。撤去費用を考えれば、アスベスト含有屋根には、効果的です。

施工前

施工後 

カバールーフ工事についての説明及びご提案

カバールーフ工事のメリット

屋根をカバーリングするという画期的な施工方法。カバーリングしてしまうということは、廃材をださずに現在の屋根を、新しい材料で覆ってしまう、屋根の撤去作業が必要ないことでも効率のいい施工方法です。

アスベスト含有屋根

現在の屋根には法規制により「アスベスト」使用は一切禁止となりましたが、2004年以前に作られた屋根材には「アスベスト」が含まれている場合が多いです。身体に重大な健康被害をもたらすことで問題となっております。身近な所では、あまり目につかなくなりましたが、実はこの屋根材に含まれております。

アスベストを封じ込める一石二鳥

前途したように、アスベストを、撤去することは、容易なことではありません。そこで登場するのが、「カバールーフ工法」です。 弊社ではこのような事態が発生することを予期して、以前から、メーカー(製造元)と試行錯誤を繰り返しながら、アスベスト(石綿)を、封じ込んでしまう工法が優れていると言う考えの元、この製品と、工法に着目して参りました。

コストとリスクを回避。理想的な工法

アスベストは、元々吸音や吸着性・引っ張り強度に優れるとともに、 電気絶縁性・耐火性・断熱性にも優れております。その性質はそのままで、表面の劣化を防ぐ為に、また撤去作業を行わず、一番理想的な方法は?と考えられたのが「カバールーフ工法」となります。
その名の通り、「屋根を覆いかぶせる」という発想です。
株式会社スキルでは、数々のこの「カバールーフ工法」の実績をおさめており、お客様から高い評価を、頂戴しております。

施工期間短縮

一般的に、屋根の交換、ふきかえは、14日から20日程度かかってしまうことが多いです。それは撤去、回収、施工と、新築時より、多くの工程が必要となります。しかし、このカバールーフ工法は、撤去、回収といった行程がございません。それだけでも。半分くらいの施工期間で、工事を完了することができます。
屋根面を、ゴム系粘着シートと専用軒先金物で包み込む。これによりアスベスト(石綿)の飛散防止になり、近隣にもご迷惑をかけず、工事期間中の雨漏りも気にせずに通常の生活もできます。

軽量 断熱効果も高い

日本瓦の8分の1の重さ、平板瓦屋根材の3分の1の重さ、と震災などで大きな心配となっている屋根の重さの問題にも、有利と言えます。また元々、アスベストの持つ利点としてある断熱効果+このカバールーフの持つ断熱効果とダブルの効果も得られます。この点からも、有利と考えられます。

カバールーフに向いていない屋根

屋根の劣化状況によっては、施工できない場合もあります

一般的な屋根、金属やスレート屋根 カラーベスト、コロニアルなどはカバールーフ工法にとても向いている屋根ですが、すべての屋根がカバールーフに向いているわけではなく瓦屋根は向いておりません。瓦屋根自体とても重量がありますので、瓦屋根の場合は、葺き替え工法がおすすめです。
カバールーフ工法が向いている屋根、向いていない屋根がございます。都度詳細をお気軽にお問い合わせください。

屋根の劣化状況によっては、施工できない場合もあります

カバールーフ工法で屋根リフォームをお考えの時期は、新築から15から25年ほど経過しております。つまり、屋根の下地が劣化している場合などは、補正せずにそのままカバーリングしてしまいますと、施工後問題が発生する場合があります。
カバーリングする前にきちんとした点検を行うことが重要です。
弊社ではきちんと屋根点検をさせていただき、カバールーフ工事に適しているか判断させていただだきます。

重量増加は避けられませんが、最低限として抑えます。

耐震性のことを考えた場合は屋根は軽いほうが良いです。
カバールーフ工法では、屋根を撤去しない(廃材を出さない)という意味ではメリットですがどうしても今ある屋根の上に、カバーをして金属屋根でカバーをするので、重量増加は避けられません。
よって、素材選びとしては、最も軽く、頑丈なガルバリウム鋼板をオススメいたします。
一般的なスレート屋根に金属屋根材でカバー工法を行った場合、重量は約23〜26kg/㎡になります。これでも一般的な瓦屋根、約60kg/㎡よりはかなり軽量です。

工事の流れ

01:板金の撤去と清掃

カバールーフ工法に不要な板金材を撤去します。

左写真は屋根カバー工法を行なう前の状態です。高圧洗浄をかけ清掃します。 棟板金を撤去します(右写真)。雪止金具・雨樋・取合水切などが設置されている場合はそれらも撤去します。 カバー工法ではこの部分しか廃材が出ませんので、解体費と廃材処理費の節約になります。

02:ルーフィング工事

アスファルトルーフィングと呼ばれる防水紙を敷設します。

元々の屋根の上に防水紙を敷込みます。軒先から棟に向かって敷いていきます。
粘着型のものを使い、上下方向は10cm以上・水平方向は20cm以上重ねますので万全です。
仮に屋根材の下に水分が入り込んでも屋内には侵入しません。

03:屋根材の設置

新しい屋根材を設置していきます。

続いて屋根材を設置します。
使用する材料はカラーガルバリウム鋼板製の横葺き材です(写真)。基本的には、横葺き・たて葺きの2種類に大別され 屋根の勾配、デザインによって使い分けています。
ガルバリウム鋼板は、軽量なので屋根への負担が少なく、おすすめの材料です。

04:役物材(軒先ほか)の取付

既存の軒先を包んでいきます。

壁との取り合い部分、棟、雨樋などを取付けていきます。

05:カバールーフ工事完了

カラーガルバリウム鋼板製の横葺きのカバールーフ工事の完成です。

ご覧いただいた様に、カバールーフ工法は、屋根葺替え工事と比べて「工程が少ない」です。 工期の短縮、廃材撤去費用の節約になるのが大きな利点です。
弊社では、屋根材を固定するのに長いビスを使い、タルキ(屋根の構造材)に届かせています。見えなくなるところですが丁寧な仕事をこころがけています。
固定力がより強力になり、台風などの強風にも耐えることができる強い屋根になりました。

カバールーフ施工実績をご紹介

2019.10.10 山梨県南都留郡 CK建物改修工事

屋根ほか改修 カバー工法  カラーベスト⇒鋼板横葺き 軒天⇒角スパンドレル張り     :屋根と軒天など外観に絡む個所を覆いました。     屋根の仕上げと共に、軒天井もみてください。 既存の天井はそのままに、新しい部材で仕上げています。

カテゴリ: カバールーフ工事

2019.10.01 山梨県甲府市 CJ様邸屋根改修工事

屋根改修 カバー工法  瓦棒葺き⇒金属たて葺き     :既存の屋根はそのままに、金属板(非常に軽い)で覆いました。   屋根面を清掃&けれんしてから、断熱材を敷設します。 野地合板で、再度下地をつくってから屋根を葺きます。   &nbsp

カテゴリ: カバールーフ工事

2019.06.10 山梨県笛吹市 CI様邸屋根改修工事

屋根改修 カバールーフ  カラーベスト⇒鋼板横葺き     :住宅屋根の工事です。   屋根の清掃(樋掃除・高圧洗浄)から始めます。   綺麗にしたところから、順に仕上げていきます。 破損箇所の修繕もあわせて行ないます。   &n

カテゴリ: カバールーフ工事

2018.06.21 山梨県韮崎市 CH様店舗屋根改修工事

屋根改修 カバー工法  折板葺き屋根⇒折板葺き     :店舗の屋根です     取替えが必要なもの、不要なものを取り外します。     工事中に、建物内に雨水が入らないよう養生します。 工事の過程で、取り外し&養生を繰

カテゴリ: カバールーフ工事

2017.11.30 山梨県山梨市 CG様倉庫屋根改修工事

  屋根改修 カバールーフ  スレート屋根⇒金属折板葺き     :倉庫の屋根です。   既存の経年劣化したスレート屋根を金属折板で覆い、きれいに仕上げました。           &nbs

カテゴリ: カバールーフ工事

一覧を見る

屋根専門店


甲府商工会議所 法人会員


KMEW ROOGAショップ登録店


ニチハ 外装材工事店